スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽賀被告「生涯の友」メール…元歯科医側は冤罪主張 偽証罪初公判(産経新聞)

 未公開株売買をめぐる詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(48)=1審無罪、検察が控訴=の公判でうその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医、徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)であった。

 徳永被告は「私はうそをついた覚えはありません」と起訴内容を否認。弁護側は「羽賀被告の無罪を有罪にするための意図的な起訴で冤罪(えんざい)だ」とし、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、徳永被告が羽賀被告の1審公判で「東京都の飲食店で被害者と会い、未公開株の話をした」と述べた証言について、「当時沖縄の診療所に常勤しており、この飲食店に通える状況になかった」と指摘。また、羽賀被告と一緒に海外旅行した渡航記録や「生涯の友よ」と記されたメールなどから、羽賀被告と「単に面識がある知人」とした公判証言は偽証と主張した。

【関連記事】
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判
芸能界のヤクザ人脈にメス? 羽賀裁判“泥仕合”のウラ
検察側「犯行は明白」 羽賀研二被告の控訴審初公判
あの涙も演技だった!?羽賀研二、無罪一転がけっぷち
証人が偽証罪?羽賀研二被告、一転有罪も

小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
体育会系男子が好き…男が男のシャツ盗む(読売新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。