スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮盆栽美術館 トラブル続きで注目?入館者数は順調(毎日新聞)

 「聖地」に建つ世界初の公立施設が揺れている。先月末オープンした「さいたま市大宮盆栽美術館」(同市北区)。初日に館長が就任辞退を表明したり、評価額計5700万円の展示予定だった高級盆栽3鉢を枯らしたりトラブル続き。出はなをくじかれたかと思いきや、知名度が上がったこともあり入館者数は逆に順調だという。盆栽の聖地で何が起きているのか。【稲田佳代、鷲頭彰子】

 3月28日、落成式のテープカット。上田清司知事や清水勇人さいたま市長らの横に「主役」の姿はなかった。

 館長の大熊敏之氏(51)だ。富山大准教授(日本近世近代美術史)で、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」にも出演、08年12月から開設準備委員長などを務めてきた。ところが、開館2日前に受け取った委嘱状を落成式直前に突き返し、就任辞退届を出した。職員の配置や予算不足などが解消されていない「準備不足」が主な理由。しかし3日後、市長と会談、館の整備や充実の約束を取り付けると一転、辞任を撤回した。

 さいたま市は実は国際的な盆栽の街だ。美術館近くの住所は「北区盆栽町」。町内に六つの盆栽園が集まり、年間約20万人、海外からも年間約1万人が足を運ぶ。人気を当て込み市は07年から10億3400万円かけて、美術館と庭園を建設。同年末には栃木県の私設盆栽美術館から盆栽100鉢と掛け軸などを5億円で購入した。「盆栽より福祉充実を」との批判も起きたが、相川宗一市長(当時)は、「文化を守り育てるのは大事」とかわした。事前の評価額が、最も高価な樹齢450年の「日暮し」で1億円を超すなど計20億円だったとして「いい買い物」と強弁した。

 ところが昨年7月になって、管理を委託していた盆栽園で事前の評価額がいずれも1500万円以上の「双龍」と「鳴鳳(めいほう)」が枯死。樹齢800年のエゾマツ「靖国」は購入前から虫害で枯れていたことも発覚した。

 「準備期間は5年くらい必要なのに、1年半では短すぎる」(大熊館長)上に、この問題が起きたため、処理に追われ、混乱に拍車がかかった。しかし、例年、ゴールデンウイークに開かれている盆栽祭りの前にオープンしたいという市の思惑もあり、開館延期はできなかった。結果、大熊館長が指摘していた「喫茶室や案内板の整備」もできないままで、「準備が後手に回った」と市幹部は話す。

 美術館は入館料一般300円で、最寄りはJR宇都宮線土呂駅と東武野田線大宮公園駅。年間入館見込みは5万人だが、今月20日までで約9800人と約2割に達した。清水市長が開館日に「いろいろあったので知名度が上がっている」と語った通りの効果のようだ。しかし埼玉県朝霞市から来た男性(58)は「駅からの案内表示が分かりにくい。ありがたい施設だが、まずさばかりが目立つのもね」とあきれ顔で話す。

【関連ニュース】
さいたま市大宮盆栽美術館:館整備促進の組織を設置--清水市長、会見で /埼玉
さいたま市大宮盆栽美術館:大熊館長辞退問題 辞退撤回「市長と考え共有」 /埼玉
さいたま市大宮盆栽美術館:大熊館長、就任委嘱状を返す /埼玉
盆栽美術館:さいたまにオープン /埼玉
講演会:「生活に盆栽取り入れて」盆栽園営む津田豊隆さん、魅力語る--草津 /滋賀

ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める-河村名古屋市長(時事通信)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
<キトラ古墳>壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
裁判員制度合憲 初の司法判断 東京高裁(産経新聞)
スポンサーサイト

家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)

 子どものライター火遊びによるとみられる火災が相次ぐ中、消費者庁や経済産業省など関係10省庁の担当者が被害拡大防止策を話し合う「消費者安全情報総括官会議」が15日、消費者庁で開かれ、家庭に眠っている使い捨てライターの回収に乗り出すかどうか検討することを決めた。

 ライターは年間6億個以上が市場に出回り、そのうち相当数が家庭や乗用車内に放置され、子どもの火遊びにもつながると考えられている。

 回収を提案した消費者担当の大島敦・内閣府副大臣は会議後の記者会見で、「各家庭にあるリスクをどう軽減するかが、ひとつの事故防止に対するアプローチになるはず」と述べた。

 ただ、実際にどれだけのライターが放置されているのか推計はなく、大量の危険物となるライターをどのように回収・処分するかという課題もあり、具体的な検討は今後議論することになった。

<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)
<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)

<訃報>小池克彦さん71歳=元読売広告社社長(毎日新聞)

 小池克彦さん71歳(こいけ・かつひこ=元読売広告社社長、元博報堂DYホールディングス取締役)3月20日、肝不全のため死去。葬儀は近親者で済ませた。読売広告社主催のお別れの会は5月6日午前11時半、東京都千代田区丸の内3の2の1の東京会館12階ロイヤルルーム。喪主は妻紀子(のりこ)さん。

<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
乗客50メートル引きずりタクシー逃走 大阪・南船場(産経新聞)
異動に絡み部下から現金=課長級職員を処分-厚労省(時事通信)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)

授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)

 日米中韓の4か国中、日本の高校生は授業中に居眠りをする割合が最も高く、勉強する時間は最も短い――。

 そんな実態が7日、文部科学省所管の教育研究機関による意識調査で明らかになった。

 調査は財団法人「一ツ橋文芸教育振興会」と「日本青少年研究所」が昨年夏から秋にかけて、日米中韓の高校生計約6200人を対象に実施した。

 それによると、授業中に「いつもする」「ときどきする」態度として、「居眠り」を選んだ高校生は、日本が45%とワースト1位。ついで韓国(32%)、米国(21%)、中国(5%)と続いた。「積極的に発言する」のは米国(51%)、中国(46%)、韓国(16%)に対し、日本は14%にとどまった。

 一方、平日に学校の授業と宿題以外に、まったく勉強しないと答えた高校生は日本は34%。米国(24%)、韓国(18%)、中国(7%)より多かった。

 また、学校生活の評価(複数回答可)について、「勉強に関してクラスで競争する雰囲気が強い」としたのは中国(77%)、米国(54%)、韓国(32%)に対し、日本は26%どまりだった。同研究所の千石保所長は「日本では学習についてクラスで切磋琢磨(せっさたくま)する姿勢がなく、さらなる学力の低下が懸念される」としている。

「ついたぐ」タイムラインからタグクラウドを生成
<訃報>藤井黎さん79歳=元仙台市長(毎日新聞)
<川崎マンション火災>3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)

立体駐車場から転落? 男女2人死亡 神戸(産経新聞)

 2日午後9時半ごろ、神戸市中央区東川崎町の路上に男女2人が倒れているのを通行人の女性が発見。通報を受けた生田署員が駆けつけたが、2人は全身を強く打っておりまもなく死亡した。同署は身元確認を急いでいる。

 同署によると、2人はいずれも50~60歳ぐらいで、近くにある9階建ての立体駐車場からは女性が乗っていたとみられる車が見つかった。通行人の女性は発見直前に「ドン」という音を聞いたといい、けがの状況などから同署は、何らかの理由で2人が立体駐車場から転落したとみて事件と事故の両面で調べている。

【関連記事】
東京・江東区の死亡ひき逃げ タンクローリーの男性運転手を書類送検
津軽海峡で無人の漁船漂流
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅
事故処理中の警官重傷 車の衝突を避け、高架から12メートル下に転落
ゲームカードを取ろうと…新潟の小5、川に転落し死亡

<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
小沢氏、資産報告を訂正=都内の不動産記載漏れ(時事通信)
送迎バス事故で子供ら7人けが=乗客避難、直後に炎上-大阪(時事通信)

<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)

 発達した低気圧と寒冷前線の影響で2日、関東地方南部で強風が吹き、午前10時現在、羽田空港を発着する航空便が90便以上欠航したほか、鉄道各線のダイヤが大幅に乱れ、朝の通勤客約30万人を直撃した。風にあおられて転倒するなどして千葉県で6人、神奈川県で4人が軽いけがをした。強風は終日続く見込み。

【関連写真特集】春の嵐:首都圏の交通乱れる 朝のラッシュ帯直撃

 気象庁によると、東京都江戸川区で最大瞬間風速20.6メートル、神奈川県藤沢市で同19.2メートルを観測。同庁は強風や高波への警戒を呼びかけている。

 ■空の便

 羽田空港を発着する便は午前10時現在、羽田-新千歳など日本航空54便、全日空32便、スカイマーク6便の計92便が欠航し、約1万4000人に影響した。ダイヤの乱れは終日続く見込みだ。

 ■鉄 道

 JR東日本によると、東海道新幹線の品川-新横浜間をはじめ、総武快速線東京-千葉間、京葉線の東京-蘇我間、内房線の佐貫町-館山間、常磐線の取手-いわき間で一時運転を見合わせた。東京メトロ東西線の中野-西船橋間、小田急小田原線の海老名-本厚木間でも一時運転がストップし、両線だけで4万6000人に影響した。始発から全線でストップしたJR京葉線の新浦安駅(千葉県浦安市)では、振り替え輸送の地下鉄東西線浦安駅に向かうため、乗客らがバス停に数百メートルの列をつくった。強風が吹きすさぶ中、通勤客らは運行状況を示す電光掲示板に見入っていた。

 東京・有楽町の会社に出勤途中だった浦安市の女性(43)は「1時間半もバスを待っているけど、なかなか来ない。職場には遅れるとだけ連絡した。いったい何時に着くのか」とうんざりした表情だった。

 ■高速、運河

 午前5時すぎから、首都高速台場線と、神奈川、千葉を結ぶ東京湾アクアラインの全線で一時通行止めとなった。東京都東京港管理事務所によると、強風の影響で江東区内の運河の水位が危険水域を超えたため、午前5時半から7時半ごろにかけて五つの水門を閉鎖した。【森禎行、松谷譲二、山縣章子】

【関連ニュース】
<警報・注意報>チェックはこちらで
<サクラが気になる>週間天気予報でチェック
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m

<遭難>1人の遺体収容 中ア・宝剣岳(毎日新聞)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加-鹿児島(時事通信)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
<普天間移設>沖縄・うるまで反対集会(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。