スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災(産経新聞)

 29日午前7時ごろ、東京都墨田区文花の民家から出火、隣接する住宅と工場の一部など計6棟約250平方メートルが焼けた。東京消防庁は消防車計35台で消火にあたったが、黒煙が激しく立ち上り、近くで建設が進む「東京スカイツリー」も上半分が煙に包まれた。

 同庁によると、この火事で民家3棟が全焼。約1時間50分後に鎮火したが、火元となった民家の住人ら男女計2人がやけどなどで病院に搬送された。

 現場は東武亀戸線小村井駅から北西に約300メートルの住宅や工場が立ち並ぶ地域。

【関連記事】
スカイツリー街角物語 世界一へ向け 一日一日育つ
スカイツリーの“成長”記録  東京の街の変化も分かる
東京スカイツリー、富士山と背比べ
スカイツリーに水族館 プラネタリウムも併設
バブルの塔? ドバイに世界一ビル

「若者を惹きつける新聞」テーマに 桃山学院大で実践講座(産経新聞)
<マンション>管理組合積立金で業者処分急増、09年16件(毎日新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
<時効廃止>中井国家公安委員長 支持する意向を表明(毎日新聞)
スポンサーサイト

元教員側が逆転敗訴=日の丸・君が代訴訟-東京高裁(時事通信)

 卒業式などで日の丸に向かって起立せず君が代を斉唱しなかったことを理由に再雇用を拒否したのは違憲として、東京都立高校の元教職員13人が都に1人当たり約560万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は28日、元教職員側逆転敗訴の判決を言い渡した。 

【関連ニュース】
「終わって安堵」「寂しい」=海自部隊、最後の給油
君が代不起立の元教諭、逆転敗訴=再雇用拒否賠償訴訟

元「モー娘。」後藤真希さんの母が死亡(読売新聞)
宇奈月温泉の老舗旅館、無資格の中国人を仲居に(読売新聞)
主婦が予想、今年の家庭と収入は「平年より下」(産経新聞)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」-鳩山首相(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)

母から資金総額は? 即答できぬ首相 当事者意識どこ?(産経新聞)

 26日の参院予算委員会では、鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件が改めてクローズアップされた。首相は実母から受けた資金提供の総額が12億6千万円であることを即答できないなど、当事者意識の欠如と政治資金に対する責任感の低さをあらわにした。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件でもも、小沢氏を擁護する場面が目立った。(坂井広志)

                   ◇

 ≪指折り数える≫

 「平成14年7月から21年6月まで月1500万円、母から贈与があった。トータルは計算していただければと思います」

 自民党の西田昌司氏が実母からの提供資金総額を尋ねたところ、首相は即座には答えられなかった。西田氏が「計算して知らせるのはあなたの責務だ」と問いつめても、指折りして数え始める始末。

 資金提供を知った日にちに関しても「12月26日だったかと理解してます…23日です」と言い直した。首相の元秘書2人が在宅・略式起訴されたのは12月24日。首相は同日に記者会見を行っている。26日に知ったというのはあり得ず、首相自身が「決着した話」と主張している通り、記憶も遠のき始めているかのようだ。

 首相は西田氏がいくら求めても、政治資金収支報告書を直ちに訂正することをかたくなに拒んだ。

 首相は昨年7月に資産補充報告書の訂正を衆院事務局に届けたが、その後に判明した虚偽部分を修正していない。首相は「資料が検察にある。正確を期すために公判が終わって、資料が手に入ったときに修正を行う」と、正当化してみせた。もっとも、この日の予算委で法務当局は請求があれば証拠品を還付することができると説明した。

 ≪使途開示「公判後」≫

 実母から受けた12億6千万円の使途開示についても「公判後」としており、野党は実態解明の先延ばしだと批判を強めている。

 首相は在宅起訴された元公設第1秘書(会計実務担当)の勝場啓二被告が資金を横領した可能性を問われると、「横領するような人物ではない。そのようなことはないと信じている」と答弁した。25日の衆院予算委で政治資金収支報告書を「十数年見ていなかった」と明かした首相が、「信じる」を連発しても空疎に響くばかり。

 西田氏が略式起訴された芳賀大輔元政策秘書を現在も私設秘書として雇ったことを問題視しても、「有能な人材だ」と擁護した。

 首相は続いて質問にたった自民党の森雅子氏から売却株の一覧表の提出を求められると、「あなたにだけご覧に入れてもよろしいのですが…」と表情をゆるませた。委員会終了後、実際に一覧表をとりにいった森氏に首相は「いいよ」とみせようとしたが、平野博文官房長官から阻止された。

 小沢氏にかかわる政治資金規正法違反事件についても首相は「国会で決めてほしい」と述べるにとどまった。民主党が独自に調査することも拒絶し、自ら信頼回復に向けて指導力を発揮しようという意欲は最後まで感じられなかった。

7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
小沢氏側への裏献金 山崎建設「5000万渡した」 大成側否定「自ら使った」(産経新聞)
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相(時事通信)
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)

<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)

 陸山会の土地購入を巡る事件について、原口一博総務相は19日の閣議後会見で、メディアの報道表現について「(一般論として)『関係者(によると)』という報道は、検察、被疑者どちらの関係者か分からない」と指摘。「少なくともそこを明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」との見解を示した。

 会見では、情報源を「関係者」として金の流れなどの報道が行われていることについて、原口総務相に見解を求める質問があった。原口総務相は「個別の案件については答えない」と前置きしながらも「(事実かどうか)争いのあるところでは、その発信源について、被疑者が逮捕されて検察側と弁護側の二つしかあり得ない場合は、どちらかを明らかにする姿勢は大事だ」と述べた。

 放送ジャーナリズムに詳しい松田浩・元立命館大教授は「情報源を秘匿するか、明らかにするかは本来、ジャーナリズムが主体的に判断してその責任を負うものだ。公権力の行使を監視する役割が期待されている放送局に対して、監督権限のある総務相は一般の国会議員とは異なり、取材方法や報道内容についての発言はより慎重でなければならない」と話し、原口総務相の発言を批判した。【臺宏士、望月麻紀】

国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」(産経新聞)
各地で犠牲者追悼、ネット中継も=阪神大震災、17日で15年(時事通信)
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 (産経新聞)
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり(時事通信)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)

羽賀被告「生涯の友」メール…元歯科医側は冤罪主張 偽証罪初公判(産経新聞)

 未公開株売買をめぐる詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(48)=1審無罪、検察が控訴=の公判でうその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医、徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)であった。

 徳永被告は「私はうそをついた覚えはありません」と起訴内容を否認。弁護側は「羽賀被告の無罪を有罪にするための意図的な起訴で冤罪(えんざい)だ」とし、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、徳永被告が羽賀被告の1審公判で「東京都の飲食店で被害者と会い、未公開株の話をした」と述べた証言について、「当時沖縄の診療所に常勤しており、この飲食店に通える状況になかった」と指摘。また、羽賀被告と一緒に海外旅行した渡航記録や「生涯の友よ」と記されたメールなどから、羽賀被告と「単に面識がある知人」とした公判証言は偽証と主張した。

【関連記事】
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判
芸能界のヤクザ人脈にメス? 羽賀裁判“泥仕合”のウラ
検察側「犯行は明白」 羽賀研二被告の控訴審初公判
あの涙も演技だった!?羽賀研二、無罪一転がけっぷち
証人が偽証罪?羽賀研二被告、一転有罪も

小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
体育会系男子が好き…男が男のシャツ盗む(読売新聞)

2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日、2009年度第2次補正予算案への対応について、国会内で記者団に「景気状況が非常に深刻だ。私個人の考えでは賛成するべきだと思っている」と表明した。これに先立ち、斉藤氏は衆院本会議での代表質問で「わが党の基本的な考え方に立てば、早期成立を図るべきだ」と述べ、成立に協力する方針を明らかにした。
 自民党は、同案に反対の方向で、自公両党の足並みの乱れが早くも表面化した。公明党は、鳩山政権が麻生前政権下で成立した第1次補正予算の一部執行を停止し、2次補正の財源に充てたことに「国民生活に影響が及ぶ」と強く批判していた。 

【関連ニュース】
20日に提案理由説明=2次補正、委員長職権で決定
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮
国会改革法案、施政方針後に提出=民主
出席できないのは問題=アフガン支援会議で岡田外相
首相に厳しい試練=「闘って」発言も火種

体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕-大阪府警(時事通信)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油-相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
ほかにも子ども2人死亡=信者夫婦逮捕の宗教法人-医療放棄事件・福岡(時事通信)

ノロウイルスで集団食中毒…東京・杉並の幼稚園(読売新聞)

 東京都は18日、杉並区内の私立「西荻まこと幼稚園」(安藤恵子園長)で、ノロウイルスによる集団食中毒が発生した、と発表した。

 同園で今月9日に行われた餅つき大会の参加者ら、園児46人を含む計154人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、このうち6歳の女児1人が脱水症状で一時入院したが、他の患者とともに快方に向かっているという。

 発表によると、餅つきは同園内のホールで行われ、もち米30キロ分をついた。参加した園児(3~6歳)や保護者らに加え、自宅に持ち帰った餅を口にした家族もおり、計338人が餅を食べたことが判明。うち1~79歳の男女計154人が10~12日に食中毒の症状を訴えた。

 同園によると、園児や保護者らは素手で餅つきや調理を行っていたといい、都は調理中にノロウイルスで汚染されたとみている。

小沢氏、聴取応じる方針=東京地検に近く回答へ-規正法違反事件(時事通信)
聖徳太子の弟の墓? 大阪・塚穴古墳に人工築山、風水意識か(産経新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)
【新・関西笑談】太棹に情を込めて(3)文楽三味線 野澤錦糸さん(産経新聞)

地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の宮島俊彦老健局長は1月15日の「全国厚生労働関係部局長会議」で、来年度の新規事業である「市町村地域包括ケア推進事業」などについて説明した。この中で、地域での介護をめぐる現状について、「介護保険だけではなかなか収まり切らない。見守りの利用や配食サービス、認知症の早期発見など、いろいろな問題が出てきている」との認識を示した。その上で、「それを介護予防と併せてどうやっていくかということも、一つの課題になっている」と指摘した。

 市町村地域包括ケア推進事業では、介護保険外のサービスや住宅に関する情報などの収集・発信機能を強化する事業や、「見守り」など地域のネットワークを構築する事業などを、来年度は全国50の市町村で実施する。宮島局長は「いずれは他の市町村でも取り入れていただくことになるかもしれない」と述べ、2011年度以降の事業の拡大に含みを持たせた。

 また宮島局長は、昨年12月に発表された特別養護老人ホーム(特養)の入所申し込み者数が約42万人に上るとの調査結果を示し、「各県それぞれの事情を踏まえての整備をお願いしたい」と要望。その上で、「特養だけではなく、地域ケアやケア付きの高齢者住宅など、総合的な観点でこれからの計画を立てることが必要」との認識を示した。

 このほか、要介護度は低いが、見守りなどの支援が必要な低所得の高齢者に対応した「都市型ケアハウス」(仮称)の創設や、介護施設内に保育所の整備を進める新規事業などについて説明した。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
25年には労働力人口の1割が医療・介護に必要―宮島老健局長
次回介護報酬改定時に大規模制度改革も
前年度比3.9%増の1兆7785億円―来年度老健局予算案
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省

小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
大分・別府で25棟全焼の大火、2人不明(読売新聞)
石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
人事院事務総長に吉田氏=給与局長は尾西氏(時事通信)
日米外相会談 普天間めぐり平行線 同盟深化協議は開始へ(産経新聞)

時効見直し、8割超が支持=凶悪犯罪で法務省が意見募集(時事通信)

 法務省は20日、凶悪犯罪の公訴時効見直しに関する意見募集の結果を発表した。それによると、約1カ月の募集期間中に寄せられた意見の総数は個人と団体合わせて458件で、「見直しが必要」とする回答は393件に上り、全体の85.8%だった。見直しの方向性に関しては、時効の廃止を支持する意見が多数を占めた。
 同省は意見募集で、時効の廃止、延長、両者の組み合わせなど五つの試案を提示。廃止案は賛成261件、反対25件、廃止と延長の組み合わせ案は賛成84件、反対22件(廃止案との重複回答含む)と、いずれも賛成が大きく上回った。 

【関連ニュース】
時効見直しで5試案=一般から意見募集へ

<通常国会>「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も(毎日新聞)
御殿場のスーパーでもスナック菓子から縫い針(産経新聞)
住宅で練炭心中か=3人死亡、1人重体-静岡(時事通信)
初め不起訴ひき逃げ死亡、1審猶予・2審で実刑(読売新聞)
モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」(J-CASTニュース)

1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月15日に開かれた「第4回要介護認定の見直しに係る検証・検討会」(座長=田中滋・慶大教授)で、昨年10月に改訂版テキストによる認定が始まった後の判定結果について公表した。

【一次判定結果の要介護度区分の比較詳細】


 それによると、昨年4月と5月の要介護認定の1次判定の結果(16万1931人)で「非該当」の割合が7.3%だったのに対し、テキスト改訂後の10月と11月の判定結果(17万1168人)は4.0%と、3.3ポイント減少した。また、2次判定結果でも「非該当」は2.3%から1.1%に減少した。
 ただし、過去3年間のデータと比べると、「非該当」の割合は増えている=グラフ=。
 厚労省はさらに、認定調査員や認定審査会委員研修の参加率が8割以上の自治体の認定状況についても調査したところ、「要支援1」や「要支援2」の割合が平均より低くなっていることから、今後は都道府県や市町村に対して研修を充実するよう求める考えだ。


【関連記事】
要介護認定の一次判定、「軽度化是正された」が8割
改訂版テキストによる要介護認定がスタート
「軽度化」批判で迷走―2009年重大ニュース(4)「要介護認定」
要介護認定「非該当」者らの再申請勧奨で通知―厚労省
要介護認定の見直し検証・検討会が初会合-厚労省

小沢氏側を強制捜査 聴取応じず、虚偽説明… 狙いは「裏献金」解明(産経新聞)
新型とB型のインフルで初の重感染か―4歳男児、堺市で(医療介護CBニュース)
<バイアグラ>模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
土地疑惑、強制捜査 小沢氏「国民は理解」 政府・与党に緊張 (産経新聞)
日本最南端のスキー場=宮崎県五ケ瀬町〔地域〕(時事通信)

天皇、皇后両陛下 恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下が年頭に各分野の学者から講義を受ける恒例の「講書始の儀」が12日午前、皇居・宮殿であった。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席した。

 進講者とテーマは▽青柳正規・東大名誉教授(65)=西洋美術史=の「ローマ帝国の物流システム」▽三谷太一郎・東大名誉教授(73)=日本政治外交史=の「政治制度としての『市民の司法参加』」▽飯島澄男・名城大教授(70)=材料科学=の「ナノサイエンスとナノテクノロジー」--で、約15分間ずつ講義した。

「コボット」と記念撮影=野口さん組み立ての小型アーム(時事通信)
消費増税、11年度にも議論=予算の無駄削減前提に-菅財務相(時事通信)
<普天間移設>沖縄知事「県外」明言 官房長官に要請(毎日新聞)
岐阜ヘリ墜落 知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)

日米安保 米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)

 【ニューヨーク小倉孝保】今年が日米安全保障条約改定から50年になるのに合わせ、米ニューヨークの映画字幕翻訳家リンダ・ホーグランドさんがドキュメンタリー映画「ANPO(安保)」を製作中だ。日本人芸術家などへのインタビューを中心に、安保闘争当時の日本社会の熱気を表現している。ホーグランドさんは「生き生きしていたあの時代を思い出してもらえたら」と語っている。

 ホーグランドさんは戦後、米国人宣教師の子として京都に生まれ、17歳で米国に渡るまで山口や愛媛で育った。日英両語に堪能なことから日本映画に英語字幕を付ける翻訳家になった。これまでに故黒澤明監督や宮崎駿監督作品の字幕を担当したほか、07年には特攻隊員を扱った「TOKKO(特攻)」を製作している。

 ホーグランドさん自身は安保闘争を体験していないが、当時の映画や写真を通して関心を持った。「(政府は当時)民衆運動を警察の力で抑えつけた。(これは)本来、米国の価値観に反するのに米国が問題にしなかったのは、日本を属国扱いしているためだと感じ、抵抗の思いを映画で表現しようと思った」と説明する。

 昨年5月から画家・中村宏さん、歌手・加藤登紀子さん、写真家・石内都さん、映画監督・新藤兼人さんら安保闘争に関係した芸術家約30人のインタビューをビデオ撮影した。ビキニ環礁の米水爆実験で漁師が被ばくした第五福竜丸事件(54年)や、群馬県の米軍演習場で主婦が米兵に射殺されたジラード事件(57年)など、安保闘争につながる「怒りの源泉」も取り上げた。

 ホーグランドさんは沖縄で、米軍普天間飛行場や日米合意で普天間移転計画先になっている辺野古の周辺も取材、撮影した。「安保闘争当時の怒りや団結が沖縄には生きている。米国人や米メディアは沖縄に基地が集中し、米兵によるレイプ事件などが起きてきたことをほとんど知らない」と話し、米国人が沖縄の現実を理解することも期待している。

 ホーグランドさんはこの映画を、デモ参加中の60年6月15日に死亡した東大生、故樺(かんば)美智子さん(当時22歳)への鎮魂歌とも位置付け、樺さんの命日に日本で公開できるよう編集作業を進めるとともに、映画配給会社などと話し合いを続けている。映画のホームページは(http://anpomovie.com)

【関連ニュース】
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米密約:報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に
沖縄返還密約:有識者委が財務省に資料要求 補償費負担で
安保条約改定50周年:日米首脳の共同声明発表へ
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整

消防車に衝突 車の男性けが(産経新聞)
<雑記帳>破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム(毎日新聞)
酔って式会場のガラス割る 新成人の男逮捕 埼玉・秩父(産経新聞)
近畿の小中学校、高校で3学期の始業式(産経新聞)
<福男選び>一番福は大阪体育大学陸上部員 兵庫・西宮神社(毎日新聞)

けが人10人に 横浜化学工場爆発で実況見分 高圧釜が爆発か (産経新聞)

 横浜市金沢区福浦の化学製品製造会社「日本カーリット」(東京)の横浜工場で7日夕、従業員らが負傷した爆発事故で、神奈川県警と消防は8日午前、現場の実況見分を始めた。損壊が激しい有機製造棟の高圧釜で爆発が起こったとみて調べている。県警は管理体制に問題があった可能性もあるとみて、業務上過失傷害容疑で関係者から事情を聴いている。

 県警によると、新たに従業員の男性2人がけがをしていたことが分かり、けが人はいずれも軽傷で計10人となった。

 県警などの調べによると、有機製造棟の製造室には高圧釜4台があり、有機物に水素ガスで圧力をかけて化学反応を起こし、液晶テレビなどに使われる材料を製造していた。

 同社によると、7日は通常通り午後4時45分ごろに操業を終了。爆発は約1時間後に発生した。

 7日夜に本社で記者会見した同社幹部は、「水素ガスが何らかの原因で爆発した可能性がある」と説明した。

【関連記事】
横浜の工場爆発 2年前にも事故、「安全管理は…」恐怖と怒り 
横浜市の工場爆発の軽傷者は8人に
横浜市金沢区の工場で爆発 以前にも死亡事故
横浜でビル火災、2人死亡 たばこの不始末か
潜伏ポーカーゲーム賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も

としおのブログ
終わりなき旅
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化

岡田外相「米は困惑」と不快感=与党幹部の行動念頭-普天間移設(時事通信)

 岡田克也外相は8日午後の記者会見で、ワシントンに派遣した藪中三十二外務事務次官が米政府高官と普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で協議したことに関連し「米側から見ると日本から政府ではない方が来て話をする。どこまで(日本)政府と関係があるのか困惑があったと思う」と述べた。昨年末に訪米した国民新党の下地幹郎政調会長が米政府関係者と会談したことを念頭に、不快感を示した発言だ。 

やすひこのブログ
てつおのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較

南アルプスで遭難の男性を収容 静岡(産経新聞)

 静岡市葵区の南アルプス聖岳(3013メートル)の山頂付近で遭難し横たわっていた男性登山者について、静岡県警航空隊は6日午前9時50分ごろ、ヘリコプターで男性を収容した。

 男性はすでに死亡しているとみられ、静岡中央署で身元の確認を急いでいる。

【関連記事】
北・南アルプスで相次ぐ遭難 年末から「悪天」警告も、捜索も難航
南ア遭難現場に別の男性登山者 すでに死亡か
南ア遭難 救助の男性、甘い判断「何とかなると思った」
南ア遭難夫妻を無事救助 静岡県警が山頂付近で
南ア遭難の夫妻、捜索難航 悪天候でヘリ近づけず

Kingsley55のブログ
かねいちのブログ
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
ライブチャット

年末年始の山岳遭難28人=死者・不明者は6人-警察庁(時事通信)

 年末年始6日間(12月29日~1月3日)に全国の山で発生した遭難は18件だったことが8日、警察庁のまとめで分かった。前年と同じ件数だったが、遭難者は6人増の28人、死者・行方不明者は2人増の6人で、いずれも過去5年間で2番目に多い。
 死者・不明者のうち3人は、北アルプス奥穂高岳に入山した神戸市の男女3人で、1人は遺体で発見されたが、2人は現在も不明。このほか、岐阜県飛騨市の寺地山で7人のパーティーが遭難し、全員が県警ヘリで救助された事案もあった。 

【関連ニュース】
シー・シェパードの妨害船と衝突=日本船、けが人なし
片山右京さん、富士山で一時遭難=無事確認、同行の2人不明
点検窓外れ浸水、通報4時間後=新潟沖の遊漁船沈没
機体不具合の可能性低い=長崎ヘリ不時着事故で海幕長
不明自衛官、遺体で発見=転覆ボート下海底で

ベンチャー魂
たこ焼き屋のおやじ
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
クレジットカード現金化

<陸山会資金移動>小沢氏に聴取要請へ 東京地検(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の会計処理を巡る問題で、東京地検特捜部は小沢氏に対し、任意の事情聴取に応じるよう要請する方針を固めた模様だ。ただし小沢氏側が要請を拒否する可能性もある。

【小沢氏を巡って】秘書初公判:検察「天の声」主張 威信かけ全面対決

 陸山会を巡っては04年の土地購入を同年の政治資金収支報告書に記載せず原資も不明として、小沢氏の私設秘書だった同党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=らが政治資金規正法違反容疑で刑事告発されている。

 石川氏は調べに「小沢氏の指示で土地取引した。小沢氏の手持ち資金から購入費を出した。小沢氏には『運転資金が足りない』と言って借り、(詳細は)知らなかったと思う」と供述。このため特捜部は小沢氏に説明を求める必要があると判断したとみられる。

【関連ニュース】
<小沢氏を巡って>社説:小沢氏秘書初公判 「天の声」の徹底解明を
<写真特集>小沢ショック:秘書逮捕から代表辞任まで
<写真と年表で見る「鳩山首相とは」>小沢氏と「一蓮托生」 「西松」事件でもかばい
<明快図説>民主党の党内人脈図

かずよしのブログ
ALL IN
自己破産
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化

「派遣切りで自暴自棄に」キャバクラで豪遊 無銭飲食容疑で男逮捕  (産経新聞)

 派遣切りにあって仕事がなく、所持金もわずかしかなかったにもかかわらず、キャバクラで豪遊して代金を踏み倒したとして、埼玉県警大宮署は11日、詐欺の疑いで、無職、猪熊信樹容疑者(30)=同県川口市朝日=を逮捕した。

 同署の調べによると、猪熊容疑者は10日午後9時25分~翌11日午前5時55分までの約8時間半にわたり、さいたま市大宮区仲町のキャバクラ「ラヴィジュア」で、料金を払う意志がないにもかかわらず、1人で約13万7500円相当の飲食などをした疑いが持たれている。

 同署によると、猪熊容疑者は4人の女性店員と一緒に、焼酎を約30杯飲んだという。所持金はわずか21円だった。

 調べに対して猪熊容疑者は、「数カ月前に派遣切りにあって自暴自棄になり、とにかく酒が飲みたかった」などと供述しているという。

【関連記事】
キャバクラが不況で“熟女パブ”に
キャバ嬢労組が発足 セクハラなどの相談受付へ
芦屋で御法度の“キャバクラ”経営 逮捕の2世タレントが掘った墓穴とは
セクハラ、不払い当たり前? キャバ嬢“労組”結成のナゼ
キャバクラでバイト…客とのトラブル? 千葉大生殺害

アフィリエイト業界人が出会った~
ひでおのブログ
無料ホームページ
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化

200年先を見越すと八ッ場ダムは是非必要だ インタビュー・ダム建設は止めるべきか(中)(J-CASTニュース)

 「できるかぎりコンクリートのダムを造るべきではない」。21世紀に入ってすぐ、長野県の田中康夫知事が発した「脱ダム宣言」は全国的に大きな影響を与え、いまやダム不要論を支持する国民も多くなった。だが治水や利水の観点から、ダムの必要性を説く声も依然大きい。なぜ八ッ場ダムは建設すべきなのか。元建設省河川局の官僚で、ダム事業を推進してきた経歴をもつ脇雅史・参院議員に聞いた。

■川の計画は100年先、200年先を見ている

――前原誠司国交相が建設中止を宣言した八ッ場ダムはもともと、1947年のカスリーン台風に端を発する「洪水対策」を目的として計画された。

  脇 ダムの問題を考えるときには、まず日本という国の河川がどんな特徴をもっているのかを知らねばならない。欧米の都市と違って、日本の都市では河川の水位よりも低いところに住んでいる人も多い。特に関東平野はもともと川があっちこっちに流れていたところに、人間の都合で高い堤防をつくって川を狭いところに押し込め、その周辺に人が住んでいる。だから堤防が壊れたら大変なことになるわけだ。
   そういうところで大雨のときの洪水対策をするとなると、答えはいくつもない。高い堤防を作って無理やりそこに押し込めるか、川幅を広げるか川底を掘るかして、流れる水の量を増やすようにするか。要するに、流れる川の断面積を大きくすることによって、最大限の水を流してやろうとするのだが、長い年月をかけて治水をしてきているわけだから、川に流せる水の量には限界がある。そうなると残りは、ダムか遊水地で調整するしかない。

――大雨が降ったときにはダムに水をためて下流に流れる水を減らすようにすると。

  脇 八ッ場ダムの下流にある利根川の場合、ピーク時に毎秒2万2000トンの水が流れる計算になっている。しかし今は1万6500トンまでしか処理できないから、残り5500トンは上流でピークカットしようという配分で計画している。その一部に八ッ場ダムも入っている。いらないという論理はないだろうと思う。

――想定されている毎秒2万2000トンという水量は、どれくらいの頻度で発生するのか。

  脇 河川のなかでも一番高い安全度を設定しているので、200年に1回という確率で計算している。この200年に1回というのは、カスリーン台風のときの状況とおおむね一致すると考えられている。八ッ場ダムは数十年かけてもできないからおかしいじゃないかと言われるが、川の計画というのは100年先、200年先を見ている。

■ダム作るのは「天下り」のためではない

――だが、前原国交相は「できるだけダムに頼らない治水」を打ち出している。

  脇 川を広げたり掘ったりするのは限界があるから、ダムに頼らないとしたら、堤防を高くするしかない。だが川に沿って鉄道があったり橋がかかっていたりするから、何百キロもある川で堤防を上げるのは大変なことだ。しかも堤防というのはいつ壊れるかわからず、必ずしも安心できるものではない。
   実際にはそんなに何度も大水がくるわけではないから、堤防の安全度を頻繁に確かめることができない。しかも何十年も前に作った堤防に継ぎ足しを繰り返しているから、なかなか信頼できないという問題もある。結局、計画論のいかんにかかわらず、川にくるピークの流量はできるだけダムでカットしたほうがいいという考え方になるわけだ。

――堤防の強度をあげていけばいいのではないか、とも言えそうですが。

  脇 「堤防を強化すればいい」と簡単に言うのは机上の論理で、長年現場で水害につきあってきた技術者からすれば、とんでもない話だ。堤防というのは「長い糸」と同じで、何百キロある全線の1箇所でも切れたら大変なことになる。河川の被害を最小限にするという意味では、ダムのほうが確実だ。もちろんダムを作ればいろいろな影響があるから、全部がいいことばかりではない。しかしダムそのものが治水に効かないという議論はないはずだ。

――八ッ場ダムは渇水対策、すなわち利水目的もあるとされているが、「水需要が減っているので必要ない」という主張もあります。

  脇 水需要が減っているのは事実だが、水道事業者はいまも水が足りなくなる恐れがあると言っている。10年に1回ぐらい水が少なくなるときを見込んで、計画を作っているからだ。私も実際に利根川を管理する立場にいたことがあるが、夏場は毎日ひやひやの状態が続く。現実に水道を管理していない人だから、そんな悠長なことが言えるのではないか。
   日本は弘法大師の昔から水で苦労してきた。それが今はダムが相当程度できて、見かけ上は洪水にしろ渇水にしろ、河川対策がそれなりの水準まできたから、「ダム不要論」が出てきた。これまで河川技術者が努力してきたことが現実に役立っているという証明ともいえるが、悲しいことにその意味が忘れられて、ダムの悪いところだけに目がいってしまっている。

――八ッ場ダムは50年以上もかかってまだ完成していない。なぜそんなに時間がかかるのか。

  脇 前原さんにも言ったが、時間がかかったのは行政が真摯に対応してきたからだ。住民も大変だったと思うが、役所も莫大な時間をかけて誠意を見せながら話し合いをしてきた。何十年かけて大変な努力をして、ようやく合意にこぎつけた。名もない数多くの人が、このダムのためにどれだけ汗と涙を流してきたか。それは「安全のためにはやらねばならぬ」という強い思いがあったからで、既得権とか天下りのためだと言ったら、本当に一生懸命やってきた人は怒るよ。

■ダム中止の公約は「選挙目当て」だ

――八ッ場ダムは時間だけでなく、お金もたくさんかかっている。最初は2100億円の予算と言われていたのが、今では4600億円と倍以上に膨らんでいます。

  脇 まず、最初に基本計画を作るときに「できるだけ小さい予算でできたら」ということを考えるので、どうしても小さめの見積もりになる。それから、現実に構造物を作っていくと、思ったよりも安くて済んだというのは少ない。調査すればするほど悪いところが見えてきて、「より安全に」ということで予算が何割か増えるというのもある。
   もっと大きな要素としては、地元対策がある。ダムは地元の人に最大の迷惑を与えるわけだから、最大限面倒をみてあげたい。そうなると地元からは「集落のための施設を作ってほしい」とか様々な要望がでてきて、できるだけかなえてあげようということになる。作る側としては要望されるとダメとは言いにくいので、どんどん受け入れてしまうという部分もある。当初の予算が減ることはなく、まず間違いなく増えていくというのが現実だ。

――八ッ場ダムの予算は今後さらに増える可能性がある?

  脇 八ッ場の場合は、補償もほとんど終わっていて、あとはダム本体の工事をやり始めるところまできているから、大きく変わる余地は少ない。

――脇さんは「民主党は根拠もなく中止を決めた」と批判しています。

  脇 八ッ場ダムは途中で中止を打ち出し、業者や住民に被害を与えている。だが、どんな根拠で中止し、結果として被害を与えているのかと前原さんに質問しても、まともな答えが返ってこない。政党として中止という結論を出したのなら何らかの報告書があるのではないかと、資料の提出を求めても出してこない。
   なぜ八ッ場ダムをやめたほうがいいのか、具体的な理由を聞いても返ってこない。政府がこんな不誠実でいいのかと思うよ。はっきり言って、民主党のマニフェストは「選挙目当てでいいんじゃないか」ということを言っているにすぎないのであって、根拠なんてないのだ。

脇 雅史プロフィール
1945年東京都杉並区生まれ。都立西高校、東京大学工学部土木工学科卒業。1967年建設省入省。主に河川畑を歩み、近畿地方建設局長をもって退官。1998年第18回参議院選挙比例区から当選。参議院議員として2期目を務める。


■関連記事
首都圏の「水がめ」は大嘘 「八ッ場ダムを公共事業中止の聖地に」/インタビュー・ダム建設は止めるべきか(上) : 2009/12/28
関係自治体に「建設反対」ゼロ? 八ツ場ダムで試される民主の「実行力」 : 2009/09/01
八ッ場ダムに観光客殺到 地元は複雑な表情 : 2009/09/24
熊本・大蘇「水漏れ」欠陥ダム 建設中止に動くか微妙 : 2009/10/01
八ツ場ダムでソーリ青筋 「中止し住民に1人1億」 : 2009/10/13

FMリスナー
たこやき屋の売れる法則
クレジットカード現金化 比較
競馬情報
ショッピング枠現金化

藤井財務相の後任に菅直人副総理(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、藤井裕久財務相の後任を菅直人副総理に兼務させることを決めた。菅副総理が担当していた「国家戦略担当相」を、仙谷由人行政刷新担当相に兼務させることも決めた。

 藤井氏は昨年12月28日、平成22年度予算編成作業による疲労と高血圧の症状などを訴えて検査入院し、12月30日と1月5日の閣議には病院から出席していた。

 藤井氏は5日の閣議後、首相に「検査入院してそろそろ10日になる。医師に結論を出してもらう時期にきている」と伝えていた。

【関連記事】
首相の指導力に疑問 藤井財務相辞意で谷垣氏
菅、小沢への不満? 藤井財務相「体調不良」の裏側
藤井財務相の辞任、首相は医師の判断次第で容認 続投希望も
藤井氏辞任で政権に痛手 背景に小沢氏との確執
藤井財務相、辞任へ 後任に菅直人副総理らが浮上

k6hut6xfのブログ
まさしのブログ
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ

民主参院比例候補、岡崎友紀氏・前田日明氏ら(読売新聞)

 民主党の石井一選挙対策委員長は29日、党本部で記者会見し、来年夏の参院比例選の公認内定者11人を発表した。

 女優の岡崎友紀氏(56)や元プロレスラーの前田日明氏(50)ら11人は全員新人で、連合の推薦候補4人も含まれている。党は選挙区の候補者を含む1次公認候補を、来年1月16日の党大会で正式発表する予定だ。

 岡崎氏は、テレビドラマ「おくさまは18歳」への出演で知られる。小沢幹事長は比例選について、無党派層の票の掘り起こしのため、有名人や女性の擁立を重視しており、今回の内定にも小沢氏の意向が強く反映されていると見られる。2001年の参院選に、小沢氏が党首だった自由党から出馬した2人(いずれも落選)も選ばれた。

 民主党は参院選候補の公募を行い、約2000人が応募したが、今回は公募からの選出はなかった。

 石井氏は記者会見で、発表が年末となったことについて、「年末年始、何らかの形で党のお墨付きを与えた方が、今後の選挙戦で有利だ。組合は旗開きや行事を控えている。初めて手を挙げた人は党の認知がないと会合にも招かれない」と語った。また、比例の候補は最終的に50人近くに上るという見通しを示した。

 岡崎氏らのほかの内定者は次の通り。(敬称略)

 有田芳生(57)元新党日本副代表▽石井茂(49)参院議員秘書▽石橋通宏(44)国際労働機関上級専門官▽板倉一幸(58)元函館市議▽江崎孝(53)自治労役員▽清水信次(83)元日本スーパーマーケット協会長▽竹内栄一(56)神奈川県議▽難波奨二(50)日本郵政グループ労組役員▽村田直治(66)住職

てつろうのブログ
Tara Finleyのブログ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
現金化口コミ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。